So-net無料ブログ作成

『容疑者χの献身』製作発表 [容疑者χの献身]

製作部の持田です。

3/19(木)に行われた、
演劇集団キャラメルボックス2009スプリングツアー
『容疑者χの献身』製作発表の模様をご紹介します。

↓↓ストーリー、役名等ネタバレを含みますのでご注意下さい↓↓

製作発表の出席者は成井豊、西川浩幸、岡田達也、西牟田恵、斎藤歩、川原和久(敬称略)

作品についての感想や想いなど、
舞台版『容疑者χの献身』について、それぞれが熱く語りました。

IMG_8605.JPG

演出■成井豊
今までのキャラメルボックスとはまったく違う作品になると思う。
キャラメルボックスにとって新しい世界への挑戦だが、
この物語を信じてやれば絶対に面白い作品になると考えている。
初めて原作を読んだ時、ぼろ泣きするほど感動した
自分の感性を信じて作品を作りたい。

P1170565_s.JPG

石神哲哉役■西川浩幸
石神はとても寂しくて孤独な男ですが、彼は花岡靖子に出会うことによって、
救われたのではないかと思っています。
色んな想いを抱えた石神が、どう感じて物語以降の人生を生きていくのか、
それを役者として、演じる事で味わってみたいです。

P1170574_s.JPG

花岡靖子役■西牟田恵
この舞台を、自分が原作を読んだ時に感じたような、
いつまででも観ていたい、終わらないで欲しい、
と感じてもらえるような作品にしたいと思います。

P1170583_s.JPG

湯川学役■岡田達也
エンターテインメントというのは多面性のあるものだと思っています。
この作品はキャラメルボックスの新しい第一歩だと思うので、
多くの人に観て頂きたいです。

P1170599_s.JPG

草薙俊平役■斎藤歩
悲惨な結末のストーリーかもしれないが、
それも人生なので、いろんな人の生き様が出るように
自分も舞台で生きたいと思っています。

P1170657_s.JPG

間宮警部役■川原和久
メインのストーリーに直接関わる役ではないので、
ソフトの部分は石神、湯川、草薙、花岡達にまかせて、
自分はハードの部分を作れればいいかな、と思っている。

一人一人が、真剣に作品と役に取り組んでいるのが、
びしびし伝わってきましたが、
司会のフジテレビアナウンサー生野陽子さんとの掛け合いも楽しく、
会場全体の雰囲気は終始和やかでした。

P1170673_s.JPG

稽古がはじまって一週間。
稽古場の様子を生野アナにたずねられた西川浩幸。

P1170671_s.JPG

西川「稽古場の中心には斎藤さんがいます。」

役者全員から、え?そうだっけ??という笑い声が。

川原「それ、昨日の飲み会での話だろ?」
西川「それも含めてね。」

今回の稽古場のムードメーカーは斎藤さんだそうです。

P1170672_s.JPG

製作発表については、
20日発売の一部スポーツ新聞でも紹介されていました。
今後、雑誌やネットでも色々と紹介されていく予定です。
その都度、この新着ブログでお知らせしますので、
こまめにチェックしてくださいね。

IMG_8618_s.JPG


2009-03-20 20:27  nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

Facebook コメント



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。